30歳脱サラ無職。株デイトレのみで生きる。

もと社畜銀行員。初期資金200万円。2015年4月開始。デイトレ1日5万円目標。毎日結果報告。

10/6 デイトレ

当日損益

3920 アイビーシー +0.9万円

3914 ジグソー -2.7万円

3692 FFRI -0.9万円

1433 ベステラ +7.1万円

 

合計 +4.4万円

 

考察

★朝一、アイビーシーを買うも、弱い雰囲気だったので、速攻利益確定で逃げる。今日は大口は表に出てこない雰囲気だった。

 

★その後、上昇トレンドのジグソーを買うが、昨日に続いて、ナイアガラに直撃してしまった。昨日は10秒でマイナス1,000円幅で板が飛ぶ、今日は500円飛ぶとか、これは回避不能。トラウマになる。

しかし、これはどういう行動なのか。大口が玉を集めるためのふるい落としなのか、単なる利益確定なのか、空売りポジションを持っているため上げたくないのか。

教科書的に言うと、出来高が昨日の半分にも関わらず、前日比たった-50円ということは、前者(大口が集めている)かもしれない。チャート的にもまだくずれていないので、引続き監視していく。

f:id:jp67876:20151006152849p:plain

 

★その後、FFRIが最近軟調に推移していたので、どこかで噴くかもしれないと、淡い期待を込めて打診買い。

期待は期待のままで終わり、お決まりの損切り。但し、トレードの動き方としては間違っていない。暴騰する前にしこむのはトレード必勝の定石。こういう動き方をしていれば、いつかは当たる。勝率を上げるより、負けのボリュームを最小限にして、ひとつの大きい勝ちを拾うのだ。

f:id:jp67876:20151006154419p:plain

 

 

★ベステラはついに1万円台到達。上場時から見ている私としては、何だか遠い世界の人になってしまって寂しい感じ。たらればを言うと、当時4,000円台で持っていたものをそのままガチホで正解だった。

f:id:jp67876:20151006154757p:plain

さて今日の後場の動きは激しかった。最後上昇する雰囲気を見せてからのナイアガラ。前回高値(9,260円)を目指した9/11に似ている感じだった。この時もストップ高翌日で出来高膨張しており、最後にナイアガラ。

このパターンでいくと翌日は少しのギャップアップで始まり、調整に入る。

 

果たして、大口は抜けたのだろうか。

昨日時点で大口はかなりの浮動株を集め保有していたと想像できる。空売りポジションも先週に比べ増加させている。

f:id:jp67876:20151006155959p:plain

但しこれはショート(空売り)のポジションしか開示されないので、もちろんロング(買い)のポジションも持っているものと考えられる。

大口は豊富な資金を用いて、浮動株の大半を集め、株価をコントロール出来るようにして、ボックス圏でロングショートで利益を得ているのだろう。

 

さて、大口は今日で抜けたのかどうかが、今後ベステラを触っていくのに重要なポイントになってくる。

 

私の結論としては「大口はまだいる」

 

理由は、消去法的に、他に流動性が高く(出来高が多い)、値幅がとれる銘柄が無いからだ。

新興市場で最近動いている銘柄は、直近IPOのベステラ、アイビーシー、PCI、中心銘柄のミクシィ、クルーズ、FFRI、ジグソー、SOSEI。

その他には日替りでの材料銘柄。直近ではTPP。

これが少し前だと、バイオ銘柄(カルナバイオとか)、マイナンバー銘柄(ITbookとか)や、なんと言ってもゲーム銘柄(ガーラ/ モブキャス / アクロディア / Klab / ボルテージとかとか)が活況を呈していた。ここ最近はゲームのバブルが弾けた?ので、長いスパンでのマネーゲーム銘柄がないのだ。

そこで、需給が面白いベステラに資金が集中している。

 

よって、他に面白い銘柄やIPOが出てくるまでは、ベステラで遊べると考えられる。