30歳脱サラ無職。株デイトレのみで生きる。

もと社畜銀行員。初期資金200万円。2015年4月開始。デイトレ1日5万円目標。毎日結果報告。

11/2 デイトレ

当日損益

ノートレ

 

考察

飛び石連休、かつ郵政上場を控え、読みづらい相場。

 

 

やることのないデイトレーダーはAppBank、Sosei、PCI、ベステラに集まっている雰囲気。やはり出来高が一定以上あるAppBankは強い。

 

IPOバブル相場の中では、3920アイビーシーがストップ高。上場して1ヶ月そこらで分割が来るとは予想外。野村証券主幹事は仕事が早い。

 

この分割期待銘柄の先取り投資法は使えるのだろうか。

 

そこで、IPO直後に分割した銘柄を遡ってみる。

 

直近IPOの主な分割銘柄

3920 アイビーシー / 野村証券主幹事 / 10/30発表/ 上場約1ヶ月後に分割発表

9417 スマートバリュー / 大和 / 8/13発表 / 2ヶ月

6048 デザインワン /  みずほ / 8/13発表 / 4ヶ月

6045 レントラックス / SBI / 8/14発表/ 4ヶ月

3131 シンデンハイテックス / 日興 / 7/1発表 / 3ヶ月

1430 ファーストコーポレーション / みずほ証券 / 10/15発表 / 7ヶ月

3457 ハウスドゥ / 日興 / 5/18発表 / 2ヶ月

3910 MKシステム / 岡三/ 6/24発表 / 3ヶ月

6036 KeePer技研 / 東海東京 / 8/10 / 6ヶ月

 

 

上記分析

①高値のIPO銘柄は上場後半年以内には分割する可能性が高い

②決算発表時に同時に発表する可能性が高い

③主幹事は関係ない

④分割発表翌日は上昇するが、その後上昇するかはその株自身のファンダメンタル次第

(上記銘柄で分割発表後、瞬間風速ではなく、継続して上昇したのはハウスドゥのみ)

 

結論

決算発表前に分割発表期待も込めて、買う投資方法は存在する。

ただし、分割発表後に買っても遅い。

結局、ファンダメンタルで買える銘柄を、決算持越しして、分割もあったらラッキーというくらい。

 

直近IPOで高値圏の銘柄、テラスカイ、ジグソー、ベステラ、PCI、FFRIのなかで、決算も勝負できそうなものは、決算持越しギャンブル(プラス分割期待)もありだろう。

 

ただし、10月末からIPOバブルの風向きが変わっていること、年末に向けて、駆け込みIPOが増えてくることから、あえて、ギャンブルをする理由もないのかもしれない。

 

わたしに資金に余裕があれば、テラスカイ、ジグソー、ベステラ、PCI、FFRIの宝くじを買って持ち越す!

こういうことをしているから、コツコツドカンで、損益が安定しないのである...